自分に合った勤務形態で働く
ワークライフバランスがとれている勤務形態ですか?

看護師と聞くと、夜勤でも何種類かあったり、早番や日勤など生活リズムが不規則になりがちというイメージがあります。
確かに、入院病棟のある病院では入院患者さんの処置や様子観察のため、夜も看護師が勤務していなくてはなりません。
夜の勤務は日勤と少し違います。患者は寝ているため、比較的穏やかな行動や言動を心掛けなくてはなりません。それでも、急変したり寝相で器具がはずれたりと気を抜くことができません。
しかし、そういった生活リズムが不規則になってしまうような勤務シフトがあるのは、入院設備のある職場が中心です。
入院設備のないクリニックやデイサービス施設、日中しか営業してない施設の医務室などで勤務する看護師は、夜勤の必要がありません。
また、入院病棟のある大規模な病院でも、日勤のみや、夜勤のみといった形で求人を出しているところもあります。夜勤専従看護師の求人では夜勤手当がつくため稼ぎやすい特徴があります。
日勤の特徴は、決まった時間帯での勤務になるので、夜勤がある看護師よりは生活リズムがつけやすいです。
また、夜しっかり眠れるので疲労も取りやすく、心身を健康に保つことができます。
また、夜には家へ帰れるので、子供や家族と過ごす時間も多く取れます。
しかし、デメリットもあります。
どの職種でも同じですが、同じ仕事でも日中の勤務より夜間の勤務のほうが時給が高かったり手当がついたりするのは、求人情報紙などで知っている方も多いでしょう。
また、看護師には夜勤をすると夜勤手当というのも付きますが、日勤だけの勤務だと夜勤手当も付きません。
夜勤のある看護師と同じ時間だけ働いても収入は少ないのが現状です。
そのため、独身でバリバリ働きたい時は常勤で働き、結婚して家族ができたら日勤だけにするなど、自分に合った勤務形態を使い分ける働き方がいいでしょう。
近年では、日中の時間を有効に使い効率用稼ぐために、夜勤専従という夜勤のみのアルバイトとして働く看護師も増えてきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です