自分に合った勤務形態で働く
ワークライフバランスがとれている勤務形態ですか?

看護師の働き方には、常勤・日勤常勤・非常勤・夜勤常勤・夜勤専従などの勤務形態があります。常勤・日勤常勤・夜勤常勤は、正社員ということになります。常勤は、通常であれば日勤と夜勤をシフト制でこなすことになります。夜勤は日勤と違い、少ない人数で行います。主な業務は患者の様子を記録するなど自分の業務もありますが、ナースコールに対応することや自分で寝返りを打てない患者の寝返りをしたり、トイレに付き添ったりします。長くて16時間勤務になることもあります。仮眠をとることは出来ますが、その日によって忙しさも違うので仮眠がとれない場合もあります。夜勤だからといって、気は抜けないのです。常勤は夜勤と日勤をこなすので、生活リズムも不規則になりがちです。このシフト制が原因で体を悪くして、看護師を辞めることになる人もいるのです。看護師は白衣の天使などと言われることもあり、またイメージとしては優しくて穏やかで、というものがあると思います。しかし、実際には体力勝負でああり、人の命に関わる仕事だからこそ精神的にもタフでないといけないので、優しくて穏やかなだけでは務まりません。病院で常勤として働くのであればなおさら、自分が風邪などをひいて仕事を休むわけにもいかないこともあるので、しっかりと体も強くなければなりません。それでも常勤として働いていれば最先端の医療に触れる機会も多くなるので、看護師としては経験も積めるしスキルも磨くことが出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です