自分に合った勤務形態で働く
ワークライフバランスがとれている勤務形態ですか?

少子高齢化社会が進んでいる現代において、医療はより欠かせないものになっています。特に、医療を必要としやすい高齢者が増えているのに対し、医療を与える側である医師や看護師などの不足が目立ち、特に地方では深刻な問題になっています。それ故、看護師の求人もいたるところで目にします。看護師専門の求人情報が掲載されている雑誌やインターネット上のサイトだけでなく、アルバイトの総合サイトや女性の求職サイトなどでもたくさん広告が出ています。ですので、今は働いていなくても、看護師免許を取得していれば仕事を探して就職までいくことは難しいことではありません。また、最近では景気も安定しないことを受けて、社会人になってから看護師免許を取得するケースも増えています。看護師免許は看護専門学校か看護師養成課程のある大学に進学して、それから看護国家試験に合格しなければなりません。社会人になってから看護師免許を取得しようとすると、大半の人は専門学校に進学することが多いので、社会人入学枠もありますが倍率は高くなります。さらに、専門学校によって学費も異なるしカリキュラムや校風ももちろん違ってくるので、自分に合いそうなところを調べるのも大切です。しかし、景気が悪いからとか給料が高いからなどという理由だけでやっていけるほど、看護師の仕事は甘くありません。人の命に関わる仕事だし、離職率が比較的高くなっていることからも大変な仕事だということがわかります。少なくとも、大変な仕事だということを意識してから目指すことが必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です